静岡のかかりつけの眼科で緑内障治療

点眼治療を続けて悪化を防ぐ

そうなると自覚症状も無いので緑内障を発症していることにも気付かず、気付いた時にはかなり症状が進行していたはずです。
最悪の場合失明することになりかねなかったと思うとゾッとしますし、変な言い方ですが父のお蔭で助かりました。
現状では点眼薬で症状の悪化を防ぐことが出来ていますが、生きている限り治療が必要になる病気でもあります。
自覚症状が無いから、現在の点眼薬が効いているからといって受診することを途中で止めないように医師から説明をよく受けます。

もちろんそのようなことをするつもりもありませんが、なかなか自覚症状が出ない病気であるだけに受診を止めてしまう人がいてもおかしくないと感じます。
医師からは今後も点眼薬を使用するつもりであることを説明されていますが、年齢を重ねていく中で症状が悪化する場合もあるそうです。
その時は手術も視野に入れる必要があると言われています。
何としても失明だけは避けたいので将来的には手術も受ける心積もりでいます。

父が緑内障と診断され失明はしなかったが死去定期検査を受けるようになり早期の緑内障と診断点眼治療を続けて悪化を防ぐ